一番売れている抗アレルギー薬

花粉症などのアレルギー反応を抑える抗アレルギー薬は市販薬を含め、数多く販売されています。では、どれが一番効果があり売れているのか。当サイトで抗アレルギー薬の売れ筋ランキングをご紹介いたします。

一番売れている抗アレルギー薬

抗アレルギー薬の売れ筋ランキング

抗アレルギー薬は多くの製薬企業から販売されていて、代表的なものはアレグラ、アレロック、ザイザル、クラリチン、エバステル、アレジオンなどが有りますが、日本国内で売上高が高い薬剤1~3位はアレグラ、アレロック、ザイザルとなっています。
抗アレルギー薬はアレルギーそのものを治す薬ではなく、あくまでも症状(目のかゆみ、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなど)を抑える薬です。薬の効果が現れるまで多少の期間が必要なので、症状が出てから薬を飲むのではなく、症状が出る1~2週間前には病院に行き飲み始めましょう。
抗アレルギー薬の代表的な副作用には眠気があります。販売された時期により大きく第一世代、第二世代に分かれていますが、第一世代のほうが眠気が強いとされており、現在よく用いられているのは第二世代です。(アレグラ、アレロック、ザイザルも第二世代)それでも眠気の副作用は有りますので、特に運転をされる方は注意が必要です。
アレグラは眠気の副作用が少ないことが有名ですが、その反面、効果はアレロックのほうが高いとされています。ザイザルはジルテックの改良型の薬剤で、最近発売されました。
特に抗アレルギー薬に限ったことではありませんが、人によって薬の効果や副作用の有無に違いがありますので、症状が治まらない時には、医師にその旨を説明して、他の薬と併用したり、ほかの抗アレルギー薬に変更をお願いしたほうが良いかもしれません。また特許が切れた抗アレルギー薬は後発品も出ていますので、自己負担が気になる方は、医師にお願いすると変更してもらえると思います。
抗アレルギー薬が良く売れるのはスギ花粉症が出てくる春ですが、梅雨になるとダニアレルギーも増えてきます。自分ではアレルギーだと思っていても違う病気だったりもしますので、自己判断せずアレルギー専門の医師や耳鼻科の医師に診断してもらい、アレルギーを抑えご自分のQOLを高めていきましょう。