花粉症などのアレルギー反応を抑える抗アレルギー薬は市販薬を含め、数多く販売されています。では、どれが一番効果があり売れているのか。当サイトで抗アレルギー薬の売れ筋ランキングをご紹介いたします。

一番売れている抗アレルギー薬

乳アレルギーの乳幼児に対する抗アレルギー薬

わが子に母乳を与える時、母親はわが子に愛おしさを感じます。

しかし、乳幼児が乳アレルギーで母乳も粉ミルクも与える事ができなくなったら、その母親はどんな気持ちになるでしょうか。

大半の母親は自分自身を責めます。
つわりの時に、きちんと食事をしなかったのが原因ではないだろうか、妊娠前から食生活に気を配らなかったのがいけなかったのではないだろうか、仕事が忙しくて無理ばかりしたのが良くなかったのではないだろうか、などと自分のせいで子どもがアレルギーになったのではないかと、考えてしまいます。

泣きながらあふれ出る母乳を絞り出し、捨てなければいけません。
公園などの街中で他のお母さんが母乳やミルクをあげているのを見て、アレルギーが起こるとわかっているのに、ついつい飲ませてしまい、乳幼児が救急搬送される、と言ったケースもあります。

子どもが幼稚園や小学校に行くようになると、おやつや給食で牛乳が出ます。しかし乳アレルギーの子どもは、牛乳を飲めません。
中には温めれば大丈夫と言う子もいますが、他の子が溢した牛乳が肌についただけで、たちまち発疹がでたり皮膚が真っ赤に腫れる子もいます。

乳アレルギーの乳幼児の治療には抗アレルギー薬が使われます。この抗アレルギー薬を服薬させるのは母親の仕事ですが、母親は薬を飲ませるたびに、自責の念に囚われることが少なくありません。

また、抗アレルギー薬を服用しても牛乳が飲めるというわけではないため、民間療法に手を出したりサプリメントや健康食品に頼る母親も多いです。

乳幼児のアレルギーは、子どもだけを診察していたのでは決して良くなりません。
子どもよりも、むしろ母親に気を配る事が大切です。

現代は何かと他人と比べて一喜一憂する時代です。
アレルギーの子どもを持った母親は、それだけで「負け組み」という意識に陥ります。母親の心のケアも重要です。