花粉症などのアレルギー反応を抑える抗アレルギー薬は市販薬を含め、数多く販売されています。では、どれが一番効果があり売れているのか。当サイトで抗アレルギー薬の売れ筋ランキングをご紹介いたします。

一番売れている抗アレルギー薬

抗アレルギー薬の種類と効果について

抗アレルギー薬は、作用機序に基づき、ケミカルメディエーター遊離抑制薬、ヒスタミンH1受容体拮抗薬、トロンボキサン受容体拮抗薬、ロイコトリエン受容体拮抗薬、Th2サイトカイン阻害薬に分類されます。
まずケミカルメディエーター遊離抑制薬は、肥満細胞からヒスタミン、トロンボキサン、ロイコトリエンなどケミカルメディエーターが遊離するのを抑制する抗アレルギー薬です。代表例としてインタールやリザベンが挙げられますが、この薬は即効性の面ではH1受容体拮抗薬には劣ります。
H1受容体拮抗薬は最も使用頻度の高い抗アレルギー薬です。肥満細胞等から放出されたヒスタミンが作用する受容体を遮断することで、効果を発揮します。アレグラやアレロックが代表例です。症状が出始めてから服用しても効果的に使用できます。一部のもので眠気が出るのが欠点です。
トロンボキサン受容体拮抗薬はトロンボキサンが受容体と結合するのを阻害し、効果を発揮します。バイナスが代表薬剤です。H1受容体拮抗薬には効果では劣ります。最も使用頻度の低い抗アレルギー薬です。
ロイコトリエン受容体拮抗薬は、ケミカルメディエーターの1つ、ロイコトリエンが受容体に結合し作用するのを阻害します。代表例はキプレスやオノンです。ロイコトリエンはケミカルメディエーターの中でも特に気管支喘息との関連性が高く、この種の薬は喘息予防に使用されることもあります。勿論、アレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎にも使用されますが、症状が起こる前に予防のため使用するケースが多いです。効果はやはりH1受容体拮抗薬には劣ります。しかしH1受容体拮抗薬の次によく使用される種類です。
Th2サイトカイン阻害薬はIL-4やIL-5といったサイトカインの産生を抑えます。この種の薬はアイピーディしかありません。やはり効果はH1受容体拮抗薬には劣ります。効果発現にやや時間がかかるのも欠点です。