花粉症などのアレルギー反応を抑える抗アレルギー薬は市販薬を含め、数多く販売されています。では、どれが一番効果があり売れているのか。当サイトで抗アレルギー薬の売れ筋ランキングをご紹介いたします。

一番売れている抗アレルギー薬

牡蠣アレルギーやアレルギー鼻炎には抗アレルギー薬

アレルギーにもいろいろあります。代表的なものには、花粉、金属、食物などといった現代病と言っても過言ではないです。昔は今みたいにアレルギーを患う人はあまりいなかったのですが、環境ががらりと変わってきた主として清潔感がぐんと増したことによるものです。きれいすぎた環境はかえって抵抗が弱ってきますので、ほどほどのきれいさがいいのです。
食物アレルギーで多いのは、果物や貝類です。貝類の中でも牡蠣は案外アレルギーを起こしやすいです。牡蠣を食べたから下痢や嘔吐を催し、その後、牡蠣アレルギーになる方が少なくないです。一度罹ってしまうと、二度と食べたくないです。牡蠣アレルギーに罹ったら全身に痒みを伴い、場合によっては目がしょぼしょぼしてきます。その場合には抗アレルギー薬が処方されますので、すぐに服用するようにしてください。数日間の服用が大切です。抗アレルギー薬は眠気が出やすいので、服用した後に車の運転は控えてください。症状が重いときには、抗アレルギー薬の注射をされるときがあります。
花粉症などアレルギー鼻炎もきついです。年々このアレルギーを患う方が増えており、中年以降になってから発症する人もいます。アレルギー鼻炎の場合でも抗アレルギー薬が処方されますが、昨年画期的な薬が発売されました。舌の下に花粉をとかした液体を毎日1回垂らして花粉アレルギーに慣れるという薬です。ある程度の効果が出ているということです。
牡蠣アレルギーにしろアレルギー鼻炎にしろ、基本的には抗アレルギー薬を使いますので、これで治る方もいます。調剤薬局でアレルギー薬を交付してもらうさい、特に副作用についてはよく聴いておいたほうがいいです。