花粉症などのアレルギー反応を抑える抗アレルギー薬は市販薬を含め、数多く販売されています。では、どれが一番効果があり売れているのか。当サイトで抗アレルギー薬の売れ筋ランキングをご紹介いたします。

一番売れている抗アレルギー薬

食物アレルギー対応マニュアルと抗アレルギー薬について

アレルギーがある人は、病院で検査を受けることで症状にあった抗アレルギー薬を処方してもらい、症状を抑えたり軽減させることが可能です。食べ物でアレルギーがある人は、アナフィラキシーを起こす可能性があるため抗アレルギー薬を常備するべきですし、周りの人にもアレルギーがある旨を伝えておいた方が、万が一緊急対応が必要になったときにスムーズな行動が期待できます。

子供のアレルギーが増えているため、学校給食における食物アレルギー対応マニュアルは県などが作成し配布を行うとともに、研修なども行われています。食物アレルギー対応マニュアルでは緊急対応時の順番などが細かく記載されており、緊急性のないものには内服薬で様子を見て保健室などで安静にし、症状の観察チェックシートを記入して悪化を見逃さないようにする順番が書かれていますし、意識がなくなったり脈が弱くなる、吐き気や嘔吐など緊急性が高いものに関してはアドレナリン自己注射薬を使用してアナフィラキシー症状の進行を食い止め緩和し、救急車を要請するなどの順番も記されています。

自己注射薬は使うことに躊躇してしまう人が多いですが、すぐに使わないと命に係わることもあるため、日ごろから使い方を覚えておき、迷わずに使うことが求められます。

学校だけでなく家庭でも緊急対応が必要になる場合がありますから、病院で抗アレルギー薬を処方されるようなアレルギーがあるのであれば食物アレルギー対応マニュアルを医師から貰っておくべきです。子供を不安にさせないためにもアレルギーのことをよく理解し、家族みんなで対応の順番を覚えるまで繰り返し行っておくと良いです。子供が抗アレルギー薬を悪戯してしまうような年齢であれば、大人がしっかりと管理して使うことが大切です。